Skip Button
この商品がカートに追加されました!
csm-banner-xl

BIRKENSTOCK x CSM @ GR8 BIRKENSTOCK x CSM @ GR8

セントラル・セント・マーチンズとの教育プロジェクトであるBIRKENSTOCK X CSMのコレクションをGR8にて期間限定で紹介。1774初となるポップアップショップは、教育という共通の理念を持ついけばな草月流の演出も加わり、伝統とGR8の未来的な世界観が融合しました。

セントラル・セント・マーチンズとの教育プロジェクトであるBIRKENSTOCK X CSMのコレクションをGR8にて期間限定で紹介。1774初となるポップアップショップは、教育という共通の理念を持ついけばな草月流の演出も加わり、伝統とGR8の未来的な世界観が融合しました。

GR8 Store Tokyo
GR8 GR8

GR8は、国内外のエッジの利いたモードからストリートまで、さまざまなブランドを揃える原宿のセレクトショップ。

GR8は、国内外のエッジの利いたモードからストリートまで、さまざまなブランドを揃える原宿のセレクトショップ。

BIRKENSTOCK x CSM @GR8 WITH INSPIRATION OF IKEBANA SOGETSU BIRKENSTOCK x CSM @GR8 WITH INSPIRATION OF IKEBANA SOGETSU
A WORLD FULL OF INSPIRATION DISCOVER POPULAR TRENDS & FIND NEW FAVOURITE STYLES A WORLD FULL OF INSPIRATION DISCOVER POPULAR TRENDS & FIND NEW FAVOURITE STYLES

ビルケンシュトックから世界各地のファッションに関するトレンドやトピック、また開催イベントについて紹介します。 またビルケンシュトックを愛用し、各分野で活躍している素敵な人々の”Story”をBIRKENSTORIESシリーズでお伝えします。

ビルケンシュトックから世界各地のファッションに関するトレンドやトピック、また開催イベントについて紹介します。 またビルケンシュトックを愛用し、各分野で活躍している素敵な人々の”Story”をBIRKENSTORIESシリーズでお伝えします。

Birkenstock Original Footbed
BRAND STORY Learn more about us BRAND STORY Learn more about us

1774年の創業以来、ビルケンシュトックは人々の足の健康を考え、どんな状況でも安心して着用いただける製品づくりを目指してきました。人権や環境問題にも真摯に取り組み、安価な製品が市場に氾濫する状況でも、ビルケンシュトックの製品は、ドイツ国内の自社工場で製造され、その多くの過程は手作業で行われています。また、職人たちの手によって完成までに、サンダルは17の工程を、シューズは100以上の工程を経て製造されます。

1774年の創業以来、ビルケンシュトックは人々の足の健康を考え、どんな状況でも安心して着用いただける製品づくりを目指してきました。人権や環境問題にも真摯に取り組み、安価な製品が市場に氾濫する状況でも、ビルケンシュトックの製品は、ドイツ国内の自社工場で製造され、その多くの過程は手作業で行われています。また、職人たちの手によって完成までに、サンダルは17の工程を、シューズは100以上の工程を経て製造されます。

BIRKENSTORY BIRKENSTORY

世界中のビルケンシュトックファンのストーリーを集めたビルケンストーリー。 ニューデリのタクシーの運転手から、ジャングルのパパイヤ農家、ドイツの車製造者などユニークなバックグラウンドを持った人々にスポットをあてています。彼らに共通しているのはビルケンシュトックを何年も、何十年も愛用していること。

世界中のビルケンシュトックファンのストーリーを集めたビルケンストーリー。 ニューデリのタクシーの運転手から、ジャングルのパパイヤ農家、ドイツの車製造者などユニークなバックグラウンドを持った人々にスポットをあてています。彼らに共通しているのはビルケンシュトックを何年も、何十年も愛用していること。

BIRKENSTORY #27: NICHOLAS VREELAND
外交官の息子であった彼が高価なカスタムメイドの靴を履いていたニューヨークでの生活を捨て、サンダルでの質素な人生に踏み出した1980年初頭から、彼のストーリーは始まります。Birkenstockチームがこの常識破りの素敵な人物を訪問しました。 外交官の息子であった彼が高価なカスタムメイドの靴を履いていたニューヨークでの生活を捨て、サンダルでの質素な人生に踏み出した1980年初頭から、彼のストーリーは始まります。Birkenstockチームがこの常識破りの素敵な人物を訪問しました。